デジタル仕上げ

原稿してます


画像



原稿です。
でも、この原稿今までのと違います。

どこが違うのかというと…仕上げがデジタルなんです。

つまり

修正(ホワイト)、黒塗り(ベタ)、模様(スクリーントーン)をパソコンでやっちゃうわけです。

ワンクリックで広~いベタがむらなく塗りつぶされるのってちょっとすごいです。

今までもホームページの恐竜漫画なんかはphotoshopでデジタル仕上げしていましたが
今回は漫画専用のソフト「COMICSTUDIO」 略して「コミスタ」なるものを使用しています。 

これで筆ペンとスクリーントーンと修正インクが要らなくなる…

漫画描き続けて40年以上になりますがこんな時代が来るとは思いませんでした

ともかくこれで何とかCOMITIAには間に合いそうです。

2月5日 東京ビッグサイト 東4・5・6ホール スペースナンバー「ゆ04a」です。

おついでのある方来てくださいね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 足立瑛彦

     この漫画を恐竜クラブの会報で拝見できませんでしょうか?中身が面白そうなのでぜひご検討ください。
     余談ながらいつぞや森本さんが漫画に描いていらしたケレンケンなる恐鳥類ですが、まさか実在の生物だったとは…。「古世界の住人」でイラストを見ましたがひどく大頭の、いちばん出会いたくない鳥ですね…。
    2012年01月28日 12:32
  • 管理人

    >足立瑛彦さん

    すみません、これは売り物なので買ってくれたお客様に申し訳ないのでそれはできません(^^ゞ
    興味あったらぜひお買い上げ下さい。50部しか刷っていませんがどうせ余ると思いますので…(余ったらHPで通販します)

    ケレンケンはナショジオかディスカバリーのTVシリーズで見ました。大頭の恐鳥類はディアトリマしか知らなかったのでケレンケンという名前がバッチリ焼き付きました。
    チョコボ…似てますよね(^o^)丿
    2012年01月28日 15:47

この記事へのトラックバック