大恐竜展ーゴビ砂漠の驚異

上野の科学博物館で昨日から開催されている「大恐竜展ーゴビ砂漠の驚異」に行ってきました。

3月に大阪自然史博物館の「モンゴル恐竜化石展」に出た実骨化石再び!

というわけで東京に出たついでに見てきたのですが、やっぱりすごかったです。

科博は科博の展示コンセプトがあって同じ化石なのですが
違う視点から光が当たるような感じがあるのがまた面白くて

例えば前回度肝を抜かれたこのサウロロフス頭骨

画像


大きさは変わらないのですが、台が低くなっていて小柄な私にも全貌が見わせやすくなってました。

そしてデイノケイルスとテリジノサウルス。腕対決?

画像

画像


そして前回対峙していたサウロとタルボは並べて置かれておりました。

画像

画像


今回初登場のティタノサウルス類のオピストコエリカウディア。
首から先がないですが、でかい!
ろくな写真がないのでここは写真なしで(すみません)

子タルボがいないと思ったら最後の「恐竜研究室」というコーナーで詳細に説明してありましたが、ここらはまた後日。

落ち着いた良い展示でした。
何より・・・復元模型が殆ど見当たらない。

さすが科博の展示!という感じでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック