「恐竜ミュージアムinちば」顛末記―解説漫画始まる

マスコットキャラクター4体の納品も終わり

9月からはいよいよ

解説漫画に取り掛かることとなりました。

一番目はキャラクター。

これはチラシ、ポスター、ホームページ、その他あらゆる宣伝媒体で使われるものですから最優先で制作しました。

二番目は解説漫画。

展示でも使いますが、特別展会期中に配布されるパンフレットにも掲載されるもの。
博物館の公式な印刷配布物になるわけですから間違いや不適切な表現があってはいけません。
何より印刷の時間があるので、この製作が二番目となりました。

9月半ば過ぎにI先生に会いに台風接近の雨の中、千葉県立中央博物館に。

画像


まず内容の打ち合わせから始まりました。

展示の内容は

「恐竜ってなんだ?」 恐竜の定義

「恐竜の歯」 恐竜の歯の違い

「恐竜の爪」 恐竜の爪のいろいろ

「大きさくらべ」 小さい恐竜から大きな恐竜まで大きさの比較

「ティラノサウルスの仲間」 ティラノサウルス科の特徴

「恐竜の仲間わけ」 恐竜の系統:新説を交えて

の6つに分けられていてそれぞれに一枚ずつ漫画の解説が付きます。

実際の展示の様子はこのような感じでした。

画像


画像


画像


画像


と書いてしまうとあっさりできたようですが。

結構苦労しました。

先ほども描いたようにこれは

「博物館のお仕事」

好きで漫画で描いてるのとはわけが違うので

たたき台のネームがまとまったのが10月末。

11月初めに打ち合わせをして

それからは修正の嵐。

資料が送られてきて修正

セリフの言い回しで頭を絞り

直して送るとまた別のことが指摘され

そんなこんなで監修の真鍋真先生にお見せできるまでに形が整ったのがのが11月も終わろうという頃でした。

もちろんその合間を縫って

「爆笑BADLAND」の展示用の回の選定

他の大型のイラストの打ち合わせなども進めていき

2017年の暮れは忙しく過ぎていきました。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック