「寄席描き展」始まりました!

ついったあやへーすぶっくで告知するのに忙しくてすっかりブログがご無沙汰ってのはどうよ、と思いますが 16日の搬入ギリギリまで展示品づくり えっちらおっちら東京まで行って搬入、展示 帰宅23時過ぎ 翌朝は普通に起きて家事をこなして、細かい仕事を片付けて その後は疲労回復と片付けに追われて 合間に溜まった確認仕事やらメールやら請求書書きやらの雑務 気がついたら金曜日ですよ! うう…疲れが抜けない 愚痴はさておき 「寄席描き展」始まりました! 会場の様子などは「日本落画家協会・寄席描き展」のホームページで見られます。 おかげさまで盛況のようです。 私の展示はこんなかんじ。 搬入の時の様子なのでガイドにはったヒモとか見えますが(^_^;) 明日は寄席描き展主催の落語会も開かれます。 こちらもおついでがありましたらぜひ聞いて行ってください\(^o^)/ 明日23日は私も会場に詰めています。 いらしたらお声を掛けてくださいね。ではでは。

続きを読む

タルボサウルスで「成長による形態変化」

大阪でトップに出てた子タルボがないなあと思っていたら最後の部屋にデーンと。 で、そのとなりが そのまた隣が 最後に そう! 成長による頭骨の変化を見せてるんです。 すごいというか科博っぽいというか。 もちろん全体の骨格も後ろの方に。待ち伏せ型復元。

続きを読む

レムールサーカス

昨日、東京・谷中のギャラリー「TEN」で開かれていた 「レムールサーカスー原猿とマダガスカルの生き物展」 に行ってきました。 第一印象は失礼ながら「あら?思ったより小さい?」 まあ、その前に科博の恐竜展見てきたせいでしょうけど(^_^;) ところが、 美しく作られたパネルでマダガスカルの知識を得て レムールがフランス語で精霊の意味、だとか 原猿たちはメス優位のかかあ天下、だとか 8000万年も前の白亜紀後期に当時のゴンドワナ大陸から離れたとか それ以来ずっと島で、大陸とつながったことがない、とか そんなことを知るたびにセンダックの「かいじゅうたちのいるところ」じゃないですが すっかりそこはマダガスカル ア~イアイ♪の歌で有名なアイアイがちっとも可愛くなくてかっこよかったり 守亜さんのアイアイは幻獣のようで フェルトチクチクのアップリケや飾りボタン、刺繍がまるで生きてるように躍動感あふれていたり URBAN SAFARIさんの思いっきり贅沢な「自分用の服」 「触ってください」と言われて触ったぬいぐるみがとろけるように柔らかい手触りの 谷中のZOO さんの原猿ぬいぐるみ 私は脇にぶら下がっていたフルーツバット=オオコウモリくんの可愛さにやられましたが ビーズ細工のトカゲにカエルに昆虫! こざいく堂さん 躍動的なワオキツネザルとベローシファカが団体で! 藤森英二さん い…

続きを読む