行って来ました!恐竜王国2012内覧会

それは10日ほど前のこと。 一通のメールがHPのメールフォームから… 内容は 「この度、7月20日に恐竜王国2012の内覧会を行うこととなりました… ホームページを拝見し、ぜひご来場いただきたいと思い連絡を…(以下略)」 どえええええええっ!(゚д゚)! な、なんで私ごときに!? いや、いや、千載一遇の好機!!逃してなるものか なんかの間違いでも行ってやる~~ まあ、別に間違いではありませんでした(^^ゞ というわけで、生まれて初めての「内覧会」なるものに行って来ました。 入ったところは倉庫みたいな作りになっていて木箱が積んである照明が洒落ています。 そこにあったディノニクス こんなふうに説明がついています。名前の意味が大きく描かれているのがうれしかった(^_^) アヴィミムス。最初の部屋は「プロローグ」と題して羽毛がテーマの展示です。 次の部屋は「超パンゲア恐竜王国の謎」 三畳紀後期からジュラ紀前期の展示です。 コエロフィシス。 ディロフォサウルス。 マダガスカルの魚やエビ、イカの化石もありました。 次はジュラ紀 竜脚類そろい踏み(^o^)丿 ケラトサウルス。 ユティランヌス。 大量のティランノサウルス類…壮観!!(゚д゚)! シノケラトプス。セント…

続きを読む

恐竜柄のバッグをゲット!

通販で手に入れました。 レスポートサックの恐竜プリントのバッグ! 私にしてはかなりお高い方だったけど、頑張って買ってしまった。 柄の恐竜は4種類 ピンクは角竜なのでしょうが、うーん、鼻の上のツノだけだからスティラコサウルスあたりかなあ。 青いのは…プラテオサウルスっぽい 黄色いのはもちろんステゴサウルス! 緑は…ランベオサウルスかな? ここらのとさかはよくわかりませんが(要・勉強)(^^ゞ でも、1つ失敗、もう少し大きいかと思ったんだよねえ。 何かと荷物が多くなる人なので…でも、今度、恐竜倶楽部に行くとき持って行こうっと

続きを読む

COMITIA100ご報告です!

いいお天気に恵まれて、COMITIA100に参加するため東京ビッグサイトにやって来ました。 スペースNo.な42b。こんな感じに店開きです。 今回は下の娘が作ったお菓子のミニチュアストラップも片隅においてあります。 嬉しかったのは、前回お隣で仲良くなったHさんが可愛い差し入れを持って訪ねてきて下さったこと。 素敵なお嬢さんでこちらがファンになってしまいました。 またいらしてくださいね! それから恐竜倶楽部のKさんとSさんが訪ねてきて下さったこと。 Kさんは自作の恐竜マグネットを見せてくれて、これがまた、かっこいい。 3個ほど頂いちゃいました Sさん、勘違いしててごめんなさい 昔から私を知る人には何をいまさらなのですが、私は本当に人を憶えられなくて 何しろ6年間一緒のクラスにいた友人の名前を忘れて同窓会で叱られたくらいなので 平にご容赦です。今度は憶えたと(多分)思いますので懲りずにお付き合いください(^^ゞ それから小田隆画伯のツィートで教えていただいたブースに行ってとても素敵なペーパークラフトを手に入れたこと なんと最終ページには小田画伯の恐竜のクラフトが! それかそれから両隣のお隣さんがとてもいい方達で楽しく過…

続きを読む

コピー本の表紙ができました

はい、こちらです。 裏表紙のケツァルコアトルスの方がかっこいい(^^ゞ 実はこれ次回の伏線なんです(^皿^) 娘が提供してくれた特殊紙なので見栄えがします。 写真だとわかりづらいですけど。 しかし、鉛筆書きコピー本て、やっぱり気恥ずかしい。 今回20部作りますが、これっきりですね。 無料でも誰も持って行ってくれなかったらどうしましょ

続きを読む

コピー本の中身ができました。

連休3日掛けてだらだらと(てか、家事だ何だと合間に入ってだらだらとしかできないんだが)鉛筆書きの8ページは出来て、それを今日コピーにかけてきました。 両面コピーA4二つ折りで2枚…後は家のプリンターで表紙を刷ってホチキスで止めて出来上がり。 見栄えは悪いがストレスはかからない 中学高校の頃を思い出しました。 今に比べたら何もない時代だったけど、一生懸命マンガ描いていたなあ… 小学生の頃、ノートにコマを割って初めて描き出してからはや50年…途中、いろいろ休みは入ったけど描き続けていることになる。 環境の整った今の子を羨ましいとは思うけど、手間ひまかけてものを作る喜びは一緒かな。 売れっ子にはなれなかったけど、死ぬまで漫画描いていたい、という願いだけは叶いそうです。 しかし…下手だなあ、自分

続きを読む

コピー本

さて 昨日、今月最後の仕事の似顔絵色紙を送って、これで原稿料の発生する「お仕事」は一応終わりました。 一週間後に迫ったCOMITIAの準備をしなくてはいけない。 とはいえ、今回は新刊断念したので『CID』の番外を鉛筆書きのコピー本で出そうというだけ その一部がこれ(^_^;) 8ページにプリンターの表紙つけて無料配布の予定。釣られて少し前回の本も売れるといいのだけれど。 実は前回がオフセット、今回がコピー本 これ、同人としては順序が逆みたいだなあ

続きを読む

ユウティラヌス・フアリ

4月5日に衝撃デビューした恐竜界の大型新人(竜?) ユウティラヌス・フアリ 全長9メートルのティラノサウルスの仲間にして全身羽毛に覆われていたという 「大型の恐竜には羽毛は不要」 という説を軽々とひっくり返してしまった。 これだから 古生物ウォッチャーはやめられない いつも描かせてもらっている恐竜倶楽部の機関誌「DINO」にこれをテーマで描かねば、と思ったが他の用事が山積みで、〆切に間に合いそうもない B編集人さまに相談した所、今月は〆切遅くても大丈夫とのことで何とか昨日電送しました。 下は戦いすんでの机であります またフアリを描いているのはホームページ用 懲りないやつです(ー_ー;)

続きを読む

コミティアいよいよです!

昨日は紙と布を買いに出ました。 紙は会場のスペースに飾るPOP用 A2くらいの大きさがいいと言われても我が家のプリンターはA4サイズ 分割して印刷して貼り合わせるか、コンビニでA3コピーで作って貼り合わせるか… どっちにしても絵合わせが難しい だったら大きい紙に部品貼り付けてPOPにしてしまえ! …と、昔POPライターをやってた時の(POPマシンに駆逐されましたが)感覚で展示用に作ったのがこれ 地は銀紙です。これを買いに行ったのが一つ。 もう一つは布。 イベントでは本を汚さないために机の上に布か紙を敷くのだそうですが、どうせならそれっぽいプリントがいい、という事で、近所のスーパーの布地売場に行ったら端切れの中にちょうど恐竜プリントがありました。 それがこれ 開くとこんな感じ これで準備はほぼ出来ました 後は今日値札を作って、お釣り用の小銭を準備して… いよいよ明日です!! うわ!! ドキドキしてきた(゚д゚)! 一冊も売れなかったらどうしよう!!

続きを読む

仕事もないのに

〆切に追われています 来月5日の「COMITIA99」に出店することは決まっていたんですが、本にする原稿が遅れて遅れて… 昨日は相方の漫画家から原稿が送られてきて… 焦る… SF漫画なんか描くの30年ぶりくらいですね。 未来、恐竜型ロボット、人類絶滅…キーワードはこんな感じですが、しょぼい話です… あ、サークル名は「ジャンドーキ」、スペースナンバーは「ゆ04a」です。 原稿上がったらもっと丁寧にご案内しますが、本日はとりあえずここまで!

続きを読む

クリスマスプレゼント…早いかな(^^ゞ

台所を片付けて部屋に戻ってくると相方が 「はいコレ」 クリスマス包装の紙袋 「あ、クリスマスプレゼント? 早くない? ありがとう」 早速開けてみると出てきたのは 上の恐竜くんをどけると で、さらに外すと 全員揃うとこんな感じ 私の恐竜好きを知っているダンナサマが買っておいてくれたのです 感謝感謝 ありがとう!!

続きを読む

「決着!恐竜絶滅論争」

「決着!恐竜絶滅論争」  後藤和久 著 岩波科学ライブラリー186 を読みました。 白亜紀末の恐竜絶滅に関して、メキシコユカタン半島への小惑星衝突が原因とする著者グループの研究まとめ?みたいな感じで、ほぼ断言しています。 最初は「えー?それって断言しちゃっていいの?」と思って読んでみましたが、うん、説得力ある本でした。 内容については専門的な論文一つも読みこなせない浅学非才の徒なので論評不可ですが まず著者の若さに驚きました。 1977年生まれ…つまりチチュルククレーターが発見された頃にまだ中学生くらい… なるほど、あれがデフォで入っていたら、物の見方がまるで違ってくるだろうな、というのが一つ もう一つはマスコミが何故か衝突説に騒がず、火山説とかもてはやす、と言うのが引っかかった …何だかな、ほんの数年で一つの世界が終わりを告げる というのが辛いんじゃないかな、人間は… 実際は太陽光が数年遮られただけで多少蓄えのある人間でさえひどい飢餓に苦しんで、70億の内何人が生き残れるかもおぼつかない。 あるいは未知のウィルスによるパンデミックによるか 原発の暴走がまたどこかで起きるか… たった数日でこの世界が終わってしまう事がありうるという事実… そんなことがあったと突きつけられるのが本能的に嫌なのかも知れない だったらまだ緩やかな変化の中で滅びの道を歩くほうがましと感じるのか そういう変化なら人間なら生き延びられる…

続きを読む

ペルム紀の絶滅

昨日のナショナルジオグラフィックのサイトに 「ペルム紀大絶滅、わずか20万年で」 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20111124002 と言う記事が載っていました。 大量のススとか言うと地上が紅蓮の炎に包まれた地獄絵図を想像してしまいますが一体何があったのでしょうね(^^ゞ 絶滅→生態系の空白→新しい生物の進化 の図式は正しいのでしょうが何があったのかは推し量るしかありません… 今の絶滅スピードはこれより早い、という記述があって 人類としてはお尻がむず痒くなる思いです(-_-;)

続きを読む

「恐竜の楽園」

「恐竜の楽園」 と言うのは恐竜や古生物の情報満載の私もしょっちゅう行っているWEBサイトです。 とても情報が早くて、恐竜の漫画を描くときのネタやヒントもずいぶんもらっています。 この度、そちらと拙HPが相互リンクをはらせて頂きました。    とっても嬉しいです! 以前いの一番にリンクはって紹介いただいた 「恐竜パンテオン」 もそうなんですけど、とてもレベルが高い!! その高いレベルの方々からささやかなる自分の漫画が面白いと認められるって もうもう漫画家冥利につきますね!! 数年前、老後の趣味にしようっと くらいのノリで多方面の興味から一本に絞った恐竜・古生物 若い時から描きたかった恐竜たちを描いて、機関誌に載せてもらってそれで十分楽しかったのに さらに思いも寄らない賛辞をあちこちでいただいて幸せすぎです と同時に そのリンクで来てくださる方々を失望させたらいけないな、と 身の引き締まるような思いにもなりました 精進いたします( ー`дー´)キリッ 私の恐竜漫画はここで読めます↓ HP【半紙半生】「DINO」http://hatsue.moo.jp/dinotop.htm 恐竜に興味がある方ぜひ覗きにいってくださいね\(^o^)/

続きを読む

頂きました\(^o^)/

昨日 イラストレーターの先生のところにデジタル彩色のアシスタントに行った娘から 「これ先生がお母さんにっておみやげ」 差し出されたのがこれです。 何と「恐竜解剖図鑑」 以前恐竜が好きと聞いたので、仕事に行く娘に私のホームページのURL持って行ってもらって絵を見て頂きました。 それで、使っていない本をくださったとの事。 ありがとうございました。 恐竜の絵が描きたい私にはなによりのプレゼントでした。 さて、また勉強して、いい絵を描かなくては よみがえる恐竜・大百科 超ビジュアルCG版ソフトバンククリエイティブスティーブ・ブルサットユーザレビュー:Amazonアソシエイト by

続きを読む

うっわ~~~!!腹立つ

と言っても恐竜関連ですが さっき一般的な動物番組を見ていた時のこと 「ノドジロオオトカゲ」という1.4Mくらいのトカゲ(爬虫綱・有鱗目ですよ)の説明に なんと! 「恐竜の子孫の一種です」 と言う文言が 耳を疑いました (いっそ聞き違いならいいけど) いやしくも動物番組でしょ? 少しくらい学術的な裏付けつけたらどうなのさ!! 少しググればすぐ出てくることを平気で間違い放送してるんじゃない!! そもそもトカゲの仲間と恐竜の仲間は恐竜が出現した時に分かれているわけで オオトカゲが恐竜の子孫というのは 人間がオオトカゲの子孫というくらいおかしなことなのです。 しかも「一種」ってなに?「一種」って 一種も何も恐竜は鳥類以外絶滅してるわけでこの夏あちらこちらで開かれた恐竜展でも説明があったはずだけど 動物の可愛い画像(アイドルも含めて)も結構だけど その動物、人間、生命全体がどうやって生まれて今、この地球にいるのか、そこにも目を向けてほしいなあ コモドオオトカゲを「恐竜の生き残り」というのを聞いて腹を立てたのが、3~4年前 マスコミってちっとも変わっていないのね

続きを読む

今日は休日

今日は恐竜倶楽部の例会でした。 機関誌「DINO」の発送作業をしました。 その後は大阪から出てきた友人との集まりに出ました。 こちらも楽しかった♪ 遊んだ一日でした。

続きを読む