2015年総括&2016年抱負

【2015年総括】 5/5 COMITIA112      「CID3.5」(コピー本) 頒布      「恐竜講談・三畳紀月の谷」無料配布      友人からの委託にて「翼竜入門」      後は既刊。「CID1」は完売。 8/8・9 博物ふぇすてぃばる・恐竜倶楽部ブースにて次の2種を頒布。      「爆笑BADLAND・総集編」      「恐竜大喜利イラスト集」 11/15 COMITIA114      「ほどほどあにまる」(雑誌掲載まとめ本)      「落画記帳」(寄席描き展展示品まとめ本)      後は既刊。缶バッジ3種。      「CID」シリーズはお休み。 12/5 恐竜倶楽部忘年会・会場にて頒布      「爆笑BADLAND・総集編」      「恐竜大喜利イラスト集」 【2016年抱負】 通信販売を始めたい。 5/5 COMITIA116に「CID」1~3までの総集編を出したい。    同時にCID4を新刊として出したい。 恐竜講談ジュラ紀編を書きたい。 浮世絵と恐竜をからませたイラスト集を出したい。 twitter画像の無配本を作りたい。 なにより 健康で毎日を送りたい!! 結局体力勝負なんですよね。何するにしても。 1月も4日過ぎてほぼ今年も1/91が過ぎました。 毎日大事に生きていかないとまたあっという間に来年です。 がん…

続きを読む

経済上のフェアプレイ

今日午前中こんな文をtwitterにあげました。 適正な対価を支払う人を嘲笑する空気は無いかな? 安く買い叩けたこと、値切れたこと、タダで入手することを誇る文化が芽生えつつ無いかな? その後に来るものは荒廃でしか無いのに、目先の得に浮かれてるところは無いのかな? すごく      嫌だ。 と、結構見てくださる方がいたようなので、もう少し突っ込んでみようかな、と。 私の連れ合いは農業が趣味です。 家庭菜園なんぞという可愛いものではなく最大時には300坪という畑を耕し、時期になると各種野菜を親戚や近所の人に配るのが趣味…いや、もう、道楽の域かもしれません。 で、そうしてると大根一本じゃがいも一山がどれほど手をかけて作られるかわかるわけです。 天候、気候、病虫害、ほとんど収穫とは賭けと言ってもいいくらいの困難の連続です。 その野菜が 安い値段で売られていると とても悲しいらしいです 私はマンガやイラストを描くのが仕事です。 一枚のイラストやカットを描くにも調べたり、確認したりします。 ラフを描き、OKをいただき、下絵を描き、ペン入れをして…細かい仕事です。 一枚描くのに描いている時間はまちまちですが、均したらそれこそ時給1000円行かないかもしれません。 その技術を身につけるまでの時間を計算に入れたらほとんど割に合わないかもしれません。 それを思うとちょっと凹みます。 自分の小遣い稼ぎですから凹むだけ…

続きを読む

箱根駅伝・青山学院優勝!…で感じたこと。

さて、3日に箱根駅伝で完全優勝を果たした青山学院大学。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/news/CK2015010402000103.html 今朝も早からテレビに出て何度も聞かれたことを繰り返し喋って… 「ちょっと疲れた」と言っていたのが本音でしょうがみんなニコニコと嬉しそう。 私は(よくそうは見えないと言われますが)青山学院出身。 しかも中等部から中高大と10年間通い続けた本当の「母」校。 その母校の快挙はとても嬉しい。 でもそれ以上に嬉しいのが 青学らしく勝利した。 ということ。 青学と言ったら皆さんの浮かべるイメージは「おしゃれ」「軽い」「チャラい」とかですかね。 でも私の中では青山学院の校風は 自由 なのです。 皆が各々自分の楽しいことをしている。 でもみんなでなにかやろうと言ったらわあっと集まってやり遂げてしまう。 個である時も集団である時も自分の存在が揺るがない。 もちろん嫌なこともあるし、嫌なやつもいるし、羽目をはずしてしまうものもいました。 私は私の位置からしか見られないのだから偏りがあるのは当然ですが ただひとつ断言できるのはとても居心地のいい所だったということ。 漫画ばかり描いていても本ばかり読んでいても仲間はずれにされたことはなく ごく「普通の子」でいられた。 小学生の時は変わった子扱いされていて、私は平気だったけれど密かに…

続きを読む

あけましておめでとうございます・2015

あけましておめでとうございます。 2015年、平成の御代も27年となりました。 昨年は5月のCOMITIAで恐竜洒落本「でぃのまとめ」の2集を出し、11月に「CID3・0」の前半12Pのコピー本を出したほかはろくにブログも書かずホームページの更新もせず行った特別展の報告も上げず、twitterで断片的につぶやくだけの一年でありました。 夏には仕事も辛くなって半分お友達の漫画家さんに引き受けてもらったくらい。 本当は全部仕事辞めて、とも思ったのですが、それをすると余計に落ち込みそうだったので半分残しました。 今日は朝からお雑煮作ったりして家族と過ごし、午後は年賀状の整理や久しぶりにホームページの更新にも手を付け始めました。 完治したわけではないし、完治するようなものでもないですが、低空飛行であっても進むことだけはやめずに行こうと思います。 能力が落ちたならそれなりに。 今は健康を取り戻しながら色々やっていきたいと思っています。 よろしくお願い致します。 【昨年行った所】 1/05「ウォーキングウイズダイナソー」映画・千葉京成ローザにて。 2/01「TASに初参加」 3/15「科博ガイドツアー/『医は仁術』展」 4/19「友人の日本舞踊発表会/平塚」 5/05「COMITIA108」 5/31「千葉県立博物館」 6/22「TAS参加」 7/12「中等部クラス会」 7/21「太古の哺乳類展・科博」 8/0…

続きを読む

生まれて何日目なんだろう。

昨日 去年還暦だったことをちょっとつぶやいて ふと 生まれて何日目なんだろうと考えた。 60歳ということは 365×60=21900 うるう年が4年に一回だから 60÷4=15 400年に一度のうるう年じゃない4で割り切れる年を2000年に経験してるから 15-1=14 で 昨年8/2が誕生日だったから 2013/08月 30日 2013/09月 30日 2013/10月 31日 2013/11月 30日 2013/12月 31日 2014/01月 21日(今日) 足し合わせると 30+30+31+30+31+21=173 で 21900+14+173=22087 生まれた日から今日までで22087日生きてきた!! だからどうだという話だし、これが長いか短いかも実感が無い。 ただ、これから同じだけ生きることは絶対にないことは確かだし、いつこの数字が途切れるかの情報は何もない。 一日が貴重だということ まあ、だからといってぐうたらが治るわけでもなし、しゃかりきになって何者かになろうとするにはもう手遅れ。 猫でも抱きながら今までと同じように日を過ごしていくんだろうな。 一時一時噛み締めながら。 【備忘録】 1/20 台所の片付け少々。「けやき!」のアイディア。上の娘が首の痛みで整形外科へ。筋肉の炎症だとか。 1/21 郵…

続きを読む

根っこを大事にしようじゃないか

今朝方いつものようにボケーと考え事…いや、妄想していたら一つ気がついた事がある。 それは日本では「根」がおろそかにされ続けていた、という事実。 花実だけが価値があり、そこに至るまでの根を張る地味な辛い作業は価値がないと思う人のなんと多いことか。 先日国会に提出された「児童ポルノ禁止法」のマンガやアニメの創作物の単純所持まで禁じる1項もそう。 クールジャパンなんぞとおだて上げて上澄みの甘露だけをすくってそれを生み出した根は平気で切り捨てる。 江戸時代は士農工商。 サムライたちは自分を一番においたもののほかでは農民を(建前にしろ)庶民の頭においた。今はどうか。 士(公務員、政治家)は未だに上位だろうが、工商に比べても農の凋落は甚だしい。 地に根を張る者を等しく蔑む気風が蔓延してはいないか。 工だってそうだ。 町工場や零細な作業所、伝統工芸の職人たちが何故大企業の社員より下位に置かれなければならないのか。 いいようにおだて上げても実際の援助や保護は手薄だし、後継者育成のシステムすら整っているようには見えない。 命を育みものを作る職業へのそこはかとない蔑視があるとは言い過ぎか。 そして人は我が子を花実のある職につかせようとする。 「グローバルな人材」や「世界に役立つ人間」になってほしいと願う。 鳥の視線。 地を這い根を張るものへの忌避感覚。 ないと言えるか 人も産業も切花ではない。 花だけ刈ってきれいだと誉めそやしてもそんなものはすぐに…

続きを読む