2016年まとめ(後編)

続きである。 9月に入って間もなく、弟からLINEが入った。 秋田の山奥に有る両親が残した家がだめになりかけているから見に来いと従兄から連絡が来たので雪が降る前に行かないか、と。 従兄に電話を入れると、放ってはおけない状態になっているらしい。 解体しようという話になった。 しかし弟と日程が合わない。 私と夫が出向いて残った荷物の整理と業者への依頼を決めようという話になった。 10/8~10の三連休に行って話を決めてきたが、まだ気になるものがあったのでその週末10/14~15に今度は一人で再び秋田へ。 母の生前にもう半分は引き払ったようなものだったので重要なものは残ってなかったずだが、結構いろいろ出てきてそれを片っ端から荷造りしてはとりあえず家に送った。 下は片付け中の家の写真。 そして帰ってからはその整理。 COMITIA118は10/23だったので、ともかく行って店開いて帰ってきただけ。 そしてまた荷物の整理。 11月を迎えて そうこうするうちに参加表明していた寄席描き展が近づいてきて。 展示物作り、チラシ送り… 秋田の家の解体が終わったとのことでお金の振込みやらなんやらの雑用。 送られてきた写真には更地になった地所が(うっすら雪が積もっていた) 12/3の寄席描き展搬入になんとか間に合わせ 12/11にはまた森下文化センターまで行ってイベントに参加。 そんなこんな…

続きを読む

2016年まとめ(前編)

年が明けた。 もう11日。鏡開きである。 元旦、2日は親族関係のお客様。 3日4日は家事をしながら似顔絵の仕事。 5日から9日までは机周りを片付けながら年賀状の整理、恐竜漫画「爆笑BADLAND」の原稿描き。 合間に買い出しやら何やら。 10日はダウンして半日寝込む。 新年早々疲れてます。 それというのも昨年がまあけっこう大変な年で、それの疲労の持ち越し。 2016年 1月、2月はまあ通常で。 5月のCOMITIA116の申し込みして 6月末の福井県立恐竜博物館での古生物学会に行くべく、宿を予約して 7月の博物ふぇすてぃばるに恐竜倶楽部書籍部として「恐龍書房」を出展することに決まったので、その申込をしたりして 2月頭には高円寺に演芸祭りを見に行って。 あとは似顔絵やら「けやき!」やらの通常業務で 平和でした。 3月3日 上の娘が突然の高熱。 インフルエンザ認定。 2日後 私が発熱。医院で3時間待ちで診察してもらった結果、娘と同じB型インフルエンザ認定。 この時点で申し込んでいた国立科学博物館での宮下さんの特別講演も懇親会も吹っ飛んで。゚(゚´Д`゚)゚。 その4日後 同居の90歳超えの義父が発熱。 いくら元気とは言えさすがに高齢でのインフルエンザ罹患は厳しく、主人と私(もう熱は下がっていた)の二人で看護にあたり翌週の医院での「もう安心」をいただくまで結構大変でした。 その後も私は体調が戻らず…

続きを読む

地元で見る映画のこと

昨晩、話題の映画「アメリカンスナイパー」を見てきました。 夕食の片付けを早めに終えて、風呂まで入って、8時位に家を出て20:40開始の回に間に合うという立地の良さ。 こんなことができるのも昨年車で10分足らずのところに出来た木更津イオンモールの中にシネコンが入ったからです。 USシネマ木更津 木更津に来た当初、25年位前には市内に映画館が4館ありました。 昭和の面影色濃い、私が子供の頃のようなオンボロ…もとい、レトロな映画館ばかりでしたが、それでも封切りがかかるので結構ちょくちょく見に行っていました。 ところが景気が悪くなり、2,000年に木更津駅前からそごうが撤退。 ダイエーも西友も無くなって駅前は錆びれる一方。 映画館も一つ、また一つと閉館していきました。 いっとき、「木更津キャッツアイ」の舞台になったことで息を吹き返したかに見えましたが所詮は徒花。 昭和レトロな一番お気に入りで行きやすかった映画館の富士館がしまってからはほとんど壊滅状態。 とうとう2012年に最後の木更津セントラルが無くなり、以来、地元には一件の映画館もなかったのです。 (こちらのブログに詳しく書いている方がいました。) 千葉まで見に行くこともなかなか出来なくて映画から遠ざかっていたのですが。 昨年、念願の映画館が! しかもシネマコンプレックスが!! おかげで昨年12月には「インターステラ―」と「ホビット3」、そして昨日は「アメリカンスナイパー」を見られました。 …

続きを読む